<スポンサードリンク>

2011年03月29日

宇多田ヒカル 画像3

utada02.jpg

宇多田ヒカルさんを評して歌がうまいという方もいればそうでもないとおっしゃる方もいらっしゃいますね。

宇多田さんは世間で言われているのは音域が広いということですね。
声量はそれほどでもないというのがよく言われていますね。でも、あのブレスというか、ウィスパーヴォイス的なところは際立った個性であるしせつない感情をあそこまで歌で表現できるアーチストは宇多田ヒカルさんを除いてはそうは日本のアーティストの中にいるとは思えませんけどね。
たしかに、海外進出第1段目はプロモーションが不十分であったとか、成功したとは言いがたいものでしたが、今年の第2弾ではビルボードランキングにしっかりチャートインしました。海外でも通用することを見せてくれたわけですよね。



utada01.jpg

それと、宇多田ヒカルさんを語る上でやはり忘れてはいけないのが「First Love」というアルバムだと思います。
760万枚売れたデビューアルバムの「First Love」。今聞いてもやっぱりいいんですよね。
声が今と違うのも面白いです。もう10年以上も前のアルバムになるんですね。



・・・・

<スポンサードリンク>



タグ:画像
posted by HIKADAUTARU at 07:53| 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。